最新版を使う

そして、みなさんがコンテンツマネジメントシステムを導入するにあたり、意識していただきたいのはセキュリティーの問題です。 無料コンテンツマネジメントシステムでもそこそこ使用することが出来るかもしれませんが、果たしてセキュリティーの面で充実しているのかということも考える必要があり、やっぱり長く使用し続けるものなら、有料の中から選択する姿勢が正しいのではないでしょうか

今時、セキュリティーの問題を全く意識しないで、コンテンツマネジメントシステムを求めていくあり方は正解ではありません。WordPressなどを有効的に利用している人たちもいるでしょう。 しかし、現状では、 コンテンツマネジメントシステムを提供している会社自体、みなさんに安心して使用していただきたいから、定期的にシステムのバージョンをアップしているようです。

リスクを軽減するためにはということは、もちろん提供する会社も持っています。私達は、最新版を使うという意識も必要ですし、最新版でないから、セキュリティーが万全でないということもあります。そして、 無料でもアップデートが有料になるものもあり、 やっぱり、セキュリティーの強さを期待するためには、ある程度コストをかけるモチベーションも大事ではないでしょうか。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

有料と無料

cmsには、 無料(オープンソース)と有料のものがあります。みなさんは、やっぱり機能が満たされているのなら無料がいいと考えるのかもしれません。様々な分野で、既にみなさんは、無料というものがどの程度のものを提供してくれるのか、おおよその見当もついていらっしゃるのではないでしょうか。

無料cmsはそれなり使用は出来るものです。しかしやっぱり有料のものと比較して劣るものと考えるべきでしょう。無料には惹かれるのかもしれませんが、 サポートが基本的にないというデメリットもあります。ですから、自分自身の会社に、エンジニアがいない場合には、外部の支援企業に構築や補修を依頼しなければならないという手間がプラスαかかってしまうことになります。

その点有料ならみなさんも安心して利用することが出来ます。有料を提供している企業が構築や保守のサポートをしっかりと用意してくれているメリットがここにあります。 サーバーがあらかじめ準備されていることが多いため、初心者の方々も、導入しやすいメリットがあります。

アクセス解析や顧客データベースの管理、メール配信、ソーシャルメディアの管理などの問題を取っても、やっぱり有料はかなりレベルが高いと考えていいでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

cmsのメリット

みなさんがやっぱりWebサイトと同時に、cmsコンテンツマネジメントシステムを導入しようというモチベーションを持っているようです。Webサイトの運用がとても手軽になるというメリットや、更新をスピーディーに行えるメリットもあります。

HTMLソースでのWebサイト運営は自由度も高い反面、知識が無いと更新が難しいという問題も抱えています。しかし、みなさんがコンテンツマネジメントシステムと向きあうことが出来ればHTMLソースがわからない方でも、Webサイトを簡単に更新することが出来ます。今まで面倒くさいから、判らないからという理由で、Webサイトの更新を外部に任せていたという人たちも、コンテンツマネジメントシステムを導入することによって、コスト削減を確実にすることが出来ます。

IDやパスワードを複数発行することが出来、 導入によって、IDごとに更新できる部分を制限することも可能なので、 複数の人でWebサイトを管理・更新することも可能です。それぞれの人たちが、それぞれの所在において責任を明確にしてください。私達は、cmsをどのように選択して行けば良いのでしょうか。cmsには、無料(オープンソース)と有料があります。その違いも明確にしてください。

≪関連HP≫cms利用 – vibit CMS Neo

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

cmsの時代

今、みなさんはcmsコンテンツマネジメントシステムとどのような向きあい方をしているでしょうか。今、会社が集客力を実現するために一番求めている方法が、コンテンツマネジメントシステムなのかもしれません。しかしまだまだ現代社会の人たちにとってコンテンツマネジメントシステムが何かということも正しい理解ができていない状況なのかもしれません。

会社で今多くの人たちがしっかりとWebサイトと向きあっていらっしゃるのではないでしょうか。そのようなWebサイトの構築において、 HTMLやCSSの書き換えなど面倒くさい手間のかかる作業を出来る限り削減しようという目的のために、このようなシステムがあり、その方法によって、 管理画面を通して記事や画像を登録・更新することが出来ます

このシステムによって、 リンクやナビゲーション、新着情報なども自動でしてくれるので、とにかく、Webサイト管理というモチベーションがもっと身近な存在にすることが出来ます。実現するWebサイトと、コンテンツマネジメントシステムはイコールではありませんので、導入しないという人たちもいるでしょう。 しかしWebサイトを活用するのはいいですが、やっぱり更新作業など、なかなかWebサイトの運営の大変なものです。

みなさんが、コンテンツマネジメントシステムを導入しないことによって、本来の仕事がおろそかになってしまうようなことがなければいいのですが。Webサイトの時代、いろいろな問題を解決していかなければなりません。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket